ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2006年 11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2006年11月20日(月曜日)

11月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 03時21分51秒

 このところ幼児虐待のニュースが目につく。

 それが、母親が子どもを虐待するというのであるから、母性は本能ではないのかと不思議になる。

 私も、五才、三才、一才の孫がいるので、虐待されていた三才の子が「お腹が空いたよ」と泣き叫ぶ声を近隣の人が聞いたという新聞記事には胸が痛む。

 以前私も電話相談を受けたことがある。

 一つは、小学校の先生からで、朝、三年生の女の子が、髪の毛をギザギザに短く切られて、泣きながら登校したので、理由を聞くと、その子は、家で毎朝トイレの掃除をすることが義務づけられているのに、今朝それをさぼったら、母親から「トイレ掃除をしないのは女の子ではない」と叱られ、髪を切られたのだという。このままこの子を家に帰宅させてもいいのか、という問い合わせだったので、家に帰さずに児童相談所に電話して、一時保護してもらうように、とアドヴァイスしたのだった。

 また、ある時、年配の女性と思われる女性からの電話で、「今、一〇才の孫が泣きながら私のところにやって来た。母親と算数の問題をやっていて、解けないと、母親が『こんな問題もわからないの。おまえの将来は真っ暗だね。一緒に死のう』と言って孫の首を絞めたので、孫は恐ろしくなって、私のところに逃げて来た。どうしたらよいでしょう」という相談だったので、これも、児童相談所を紹介した。

 児童福祉法によって設置されている児童相談所は、虐待されている児童を一時保護したり、児童やその家庭について調査をして必要な措置を行うことができる。近隣で児童の虐待に気づいた人は、ともかく児童相談所に一報することを切に願うものである。


2006年11月10日(金曜日)

11月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 03時08分59秒

 先月から私の事務所に新人弁護士が入った。独身男性で、なかなかのイケメンである。おっと、こんなことを言ってはならないのだった。

 もう三〇年以上も昔の話だが、私の夫から聞かせられたことがある。

 夫が、学者になりたての頃、学会で先輩教授から、ある女性法律家を紹介されたそうだ。その女性があまりにも美しいのに感激した彼は、思わず、「おきれいですね」と口に出してしまったという。後で、先輩教授にこっぴどく叱られ、「彼女の業績とか学会での発言内容をほめるならともかく、『おきれいですね』なんて言うのは、彼女を法律家としてではなく、女性としてしか見ていない証拠だ」と諭されたという。夫は、未だ独身でもあったことだし、本当は、さらに「独身ですか?」と聞きたかったのだが、さすがにそれはぐっと堪えたという。

 私は、夫と結婚して間もなく夫から聞かされた話だが、印象に残っている。

 だから、私も、新入弁護士のことを独身だのイケメンだのと言ってはいけないのだった。


20 queries. 0.116 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress