ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2011年 7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2011年7月20日(水曜日)

7月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時49分54秒

 先日、震災後、初めて福島県相馬市にある裁判所に行った。

 国道6号線を走ったが、
   _箸流出して、6号線から海が見える
  ◆〆匈嫁標車が行き来している
   田んぼの上に瓦礫が集積されている
  ぁ.ードレールがいたるところで折れ曲がったままになっている
  ァ]肩工事があちこちでなされている
  Α々残蹐鵬樟濬斬陲所狭しと建てられている
  А_虻に青いビニールシートと石で応急手当をしている家がたくさんある
という状況であった。

 しかも、福島では、今後放射能被害がじわじわ吹き出て来るだろう。

 先日、仙台弁護士会で、「原発震災の現状と展望」という題で講演会をして、元京都大学原子炉実験所講師の先生に話をしてもらったところ、弁護士だけでなく市民も集まって、弁護士会館の大会議室が満員になった。

 講演の内容は、原発のしくみ、危険性の一般論から始まって、今回の事故内容、困難な事故収束、今後の電力供給のあり方などで、講演後会場からはいくつも質問が出た。皆が真剣に原発を考えていることがよくわかる。
 
 それなのに、それなのに、今の政治家は……。


2011年7月10日(日曜日)

7月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時44分41秒

 私が司法試験を受けたのは、もう40年以上も前のことだ。

 5月の試験の直前は、最後の勉強の仕上げに余念がない。過去の問題集をやり直したり、ノートをひっくり返したり、不得意と思われる分野の参考書を読み直したり……。

 その大事な時期に、大地震に見舞われたら当然勉強どころではないだろう。

 新しい司法試験の制度では、ロースクールを終えた後、5年以内に3回の受験制限がある。今年を最後のチャンスと思って勉強していた受験生で、被災した人もたくさんいたはずである。それが停電や部屋の後片付け、食料の調達などで勉強する時間がなくなったり、教科書やノート、パソコンが破損して不自由な思いをしたり、交通途絶や郵便不通で答案練習への参加ができなくなったりしたはずである。

 だから私たちロールスクールに関係した弁護士数人で、「この1年を、5年以内に3回とする受験年数・回数制限から除外してほしい」という意見書を内閣府、法務省、最高裁判所に提出した。

 私の教え子でも、3回目でやっと合格したという生徒の中に、ガッツがあったり、弱者の痛みをわかる弁護士になった人が意外に多い。

 今のところ、私たちの意見書に前向きの反応がでていないのは残念なことだ。


20 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress