ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2012年 12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2012年12月20日(木曜日)

12月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 09時23分01秒

 E郎は、孫が可愛くて仕方がない。

 息子夫婦と同居していて、息子夫婦が共働きだったので、専らE郎が孫の面倒をみて、保育所の送迎、保育所の行事に顔を出し、休みの日は、孫を近くの公園や水族館に連れて行ったりしていた。

 ところが、息子夫婦の間が険悪になり、嫁が孫と共に家を出て、実家に帰ってしまった。

 E郎は、孫がいなくなった寂しさで落ち込んで、食欲もない。息子は離婚するつもりで、「子どもの親権者も母親でいい。オレは第二の人生を歩むんだ」と割り切っている。

 親には子どもに面接する権利があり、これを片方の親が拒んでいる場合には、面会交流の調停を申し立て、面接する権利を確保できるが、祖父母には会う権利というのはない。

 今頃、孫は「おじいちゃんに会いたい」と泣いているのではないかと考え、E郎は眠れない日が続いている。

 私に長女が生まれた時、夫が単身海外留学していた間、実家に暮らしていたことがあったが、私の父は、初孫が可愛くて、勤めから毎日どこへも寄らずに帰宅し、孫と一緒にいる時間を大事にしていた。

 私が、子どもを連れて夫の留学先であるドイツへ行った後の父の嘆きは大きく、「恋人に去られたようだ」とがっくり来ていたようだ。私は、ドイツからせっせと子どもの写真や声をテープに録って送っていたが、三十数年前を思い出して、E郎の気持ちがよくわかるのだ。

 しかし、E郎の息子が、もう子どもの顔を見なくてもいいという態度であれば、致し方ない。祖父母に孫の面接権というものがないというのが今の法律だ。


2012年12月10日(月曜日)

12月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 09時21分01秒

 A子が、B夫と結婚した時には、既に2匹の犬がいた。

 もともとは、B夫が犬の世話をしていたが、朝の散歩や餌やり、具合の悪い時に獣医に連れて行ったり、だんだんA子が犬の面倒をほとんどみるようになると、A子は、2匹の犬が可愛くてたまらなくなった。

 B夫の父親が亡くなり、一人になったB夫の母親を引き取って同居することになった。これがたいへんな人で、いちいちA子のすること為すことを非難する。A子の持ち物検査をしたり、A子が外出する際、行き先を詮索したりする。

 A子は耐えられなくなり、B夫と話し合って、しばらく別居することにした。

 A子は、2匹の犬は、もともとB夫が飼っていた犬だったので、犬を置いて出ようと思ったが、B夫は、犬を処分するというので、可哀相に思い、A子は2匹の犬を連れて家を出た。

 別居後、B夫は、生活費を払ってくれないので、A子は、B夫に対し、婚姻費用分担調停申立をした。

 B夫の収入を基に、裁判所の基準で算定すると、A子の生活費は、月額12万円になる。A子は、自分の生活費だけなら月額12万円で何とかやっていけるが、2匹の犬に1ヶ月4万円かかるので、その分上乗せして欲しいと主張した。

 しかし、B夫は、これを拒否、裁判所も犬の費用までは認められないと言われ、仕方なく12万円で合意した。

 以前同じような一件があった。

 C子は、乳児を置いて女房に出て行かれたD男に同情して同居し、乳児の面倒をみるうち、すっかりなつかれ、D男と婚姻届出して、大事に子どもを育てた。

 その子が15才になり、C子を本当の母親と思って良い関係が築かれた頃、D男の酒乱が始まり、C子はとても一緒にいられないと考え、離婚を申し出たところ、離婚したくないD男は、「おまえが本当の母親でないことを、子どもにバラすぞ」と脅迫した。子どもも、「お母さん、出て行かないで」と涙ながらに頼むので、結局C子は、それから5年我慢した。

 そして、子どもが成人した時、もう我慢できないと、私の事務所に離婚調停申立を依頼に来たが、「やっと子どもに本当のことを話す決心がつきました」と言っていた。

 心優しい者が、つらい思いをする世の中だ。


20 queries. 0.078 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress