ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2013年 9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2013年9月20日(金曜日)

9月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 11時25分09秒

 E子の離婚事件は、1年も前に、ある程度こちらの希望にそった条件で和解して終わっているのに、E子は、その後も何のかんのと相談に来る。

 それも、法律的な相談ではなく、「『出戻り』と言って、母親が馬鹿にする」とか、「子どもが学校に行きたがらない」とかいった、いわば愚痴の類いだ。

 今度は、「弟の住んでいる家のシックハウスの問題で、相談に来たい」とE子が事前に電話を寄越したので、私が、「それなら直接弟さんが相談にいらしたら」と言っても、「いえ、まず私が相談したいのです」と言う。

 別な相談者F夫は、80代の男性で、数年前、妻に死なれてから長男夫婦と同居しているが、これがまた度々長男夫婦の悪口を言いに私の事務所に来る。

 具体的に、遺言とか扶養とかいう法律問題なら、いろいろとアドヴァイスの仕様もあるのだが、そうではない。これも単なる愚痴の類いだ。

 E子やF夫のような人たちを見ていると、自分は弁護士とつながっていると思うことで、何か安心していられるのかと思ってしまう。

弁護士が精神安定剤の役割を果たせるなら、多少の時間を割いてあげてもいいかとも思うのである。


2013年9月10日(火曜日)

9月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 11時23分05秒

 老人施設に入っている人の遺言作成に立ち会うことがよくある。

 依頼者は、たいていはその老人ではなく、息子・娘・甥・姪らだ。

 先日は、娘のA子からの相談で「80才になる父が、しょっちゅう慰問する私に感謝して、財産を全部私にやると言っているので、その旨公正証書にしたい」と言う。

 その父親B男には、他にも相続人として息子がいるので、全部を娘のA子にというのは、後で遺留分の問題が起こる。

 「遺産の4分の3をA子にしたらどうか」、さらに、「Bさんは高齢なので、後で遺言の効力が問題にならないよう公正証書にしましょう」と私はアドヴァイスし、「父親もそれでいいと言っている」とA子が言うので、公証人と事前に打ち合わせをし、必要書類一式を揃えて、公証人、それから証人となる人と共に、B男が入っている施設を訪ねた。

 B男は、公証人と私の役目については理解できたようだが、いざ遺言を作成するというと、その内容に入る前に、「遺言を作ると何だかすぐ死ぬような気がして嫌だな」と拒否する。そこで、遺言は死ぬ間際ではなくて、元気なうちに作っておくものですよと説明したところ、B男はやっと納得してくれ、作成に至った。

 同じように、娘のC子から母親の遺言を作りたいという相談を受け、D美の入所する施設に行って公正証書を作成しようとしたら、D美は、「そんな大事なことは、夫と相談しなきゃダメ」と言う。

 「え? ご主人は、もう10年前に亡くなっているのではありませんか」と言っても、要領の得ない返事しか返ってこない。「3人の子どもたちの名前を言ってみて下さい」と言っても、ろくに言えない。

 さらに、D美は、入所している施設を自分の家と勘違いしていて、「これは仙台市に寄付する」とか言う。

 同行していた公証人と相談して、このようなD美には、とても遺言作成能力はないと見て、むなしく帰って来たこともあった。

 その後、C子が母親をいじめていなければよいがと、一抹の不安はあった。


20 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress