ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2013年 12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2013年12月20日(金曜日)

12月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 17時37分40秒

 初対面の人には名刺を渡す。

 日本や中国・台湾では当たり前の風習だが、ヨーロッパではそのような習慣がない。名前を覚えてもらって、さらに連絡がほしい時は、わざわざ小さいメモに連絡先を書いて渡す。

 だから、日本に来た西洋人は、名刺の便利さを知って名刺を作りたがる。ついでに漢字で当て字を作ってやると、すごく喜ばれる。

 たとえば、
  カールレンツ    → 歌流恋津
  シュミットアースマン→ 趣味人明日漫
フィドラー     → 父威虎
クレッパー     → 呉波
などである。

 しかし、名刺を渡したばかりに、とんでもない事件に巻き込まれたこともあった。

 酔っぱらって事務所に来て、訳のわからないことを言う男性がいたので、私が「しらふでいらっしゃい」と言ったところ、その男性が「逃げる気か」と言うので、「逃げも隠れもいたしませんよ」と名刺を渡した。

 しかし、その後その男性は、酔っぱらってふらふら国道を歩いていたところ、車に轢かれて死んでしまった。警察が、男の身元を確かめようと、所持品を調べてみたら、唯一手かがりになる物が、私の名刺だったということで、警察からいろいろ事情を聞かれるということがあったのだ。

 全く迷惑なことであった。


2013年12月10日(火曜日)

12月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 17時35分29秒

 法律も社会情勢も意識も、どんどん変化する。

 弁護士も、次々新しいことを勉強しなければならないという訳で、度々研修会が開かれ、私もできるだけ参加するようにしている。

 今回、私が受けた講義は、窃盗癖の治療に取り組んでいる精神科医の話だ。

 病的窃盗は、クレプトマニアという精神疾患で、金銭的に困窮していなくても、窃盗を犯すときの快感・満足感または解放感を得たくて行うという。

 私の依頼者A子は、貸家を持ち、夫の遺族年金も入る裕福な奥様で、財布にはいつも十数万円ものお金が入っているのに、スーパーで、ささやかな台所用品を万引きすることを繰り返し、起訴猶予・執行猶予を何回か経て、実刑になり現在服役中である。

 A子の窃盗が、病気が原因だと言われれば、納得がいく。

 病的窃盗の治療法としては、抗うつ薬や感情調整薬などの薬物療法では効果は限定的であるので、医療施設に入・通院してカウンセリングを受け、他の患者とのミーティングに出席して体験談を語り合い、発覚した窃盗行為に関しては、必ず返金して迷惑料を払わせ、反省文を書いて謝罪に行かせるという大変気の長いものだ。

 治療から脱落して再犯する患者は多いというが、立ち直って社会復帰した人が数人でもいるというのは、心強いことだ。


20 queries. 0.079 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress