ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2014年 9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2014年9月20日(土曜日)

9月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時46分39秒

 弁護士に相談する時は、相手のことばかりではなく、自分の不利なことも予め言ってくれなくては困る。

 夫が不貞をはたらいたから離婚したいというA子の代理人になって、離婚調停の申立をしたが、調停の席上、調停委員から「でも、A子さんも浮気をしたことがあるって、夫側は言っていましたよ」と言われ、えっ?、初耳。
 A子に確かめると、「それは1回だけ、しかもずっと前のことですよ」と言う。

 私が事前に知っていれば、それは今回の離婚話と関係ないとか答弁もできるのだが……。

 それからは、私は、念のため、依頼者に「あなた自身は不貞の経験はないの?」と聞くことにしている。

 たいていは、「失礼な」と怒られるのだが。


2014年9月10日(水曜日)

9月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時43分14秒

 議会でのヤジがあまりにも下劣なので、議会運営委員長から各会派に再調査を求めたり、「再発防止に努める」という決議案を可決したり、事後処理に追われている。

 また、いわゆるヘイトスピーチに関しても裁判で争われ、「在日特権を許さない市民の会」に対して、朝鮮学校へ多額の慰藉料支払を命じる判決が出された。

 言論の自由が認められる一方で、人種差別・性差別・身体的欠陥を揶揄するような発言はタブーである。

 川柳や一言で、政策や世相を批判するもので、なる程と感心するものはいくらでもある。

 「安倍首相のやっていることは、憲法解釈の変更ではなくて、憲法の根幹を切り落とす『介錯(かいしゃく)』だ」と言った某教授がいたが、全くうまいことを言うと感心した。

 ヤジるにも批判するにも、喧嘩するにもユーモアの心が必要だ。

 私の両親は、しょっ中口喧嘩をしていたが、子どもながら聞いていて吹き出すような喧嘩が多かった。

 たとえば、座布団につまずいて転んで捻挫した父に、
   母「足場の悪い道路で転んで捻挫するならまだしも、座敷で捻挫する人がありますか」、
   父「バカ、何を言う。座敷で死ぬ奴だっているのに、捻挫くらいなんだ」。

 また、ある時、客が帰るのに玄関先まで父が見送りに出た。数分後、客が帽子を忘れたと言って取りに戻ってきた。
 客が帰った後で、
   母「せっかく見送りに出たのに、忘れ物に気づいてあげなきゃダメじゃないですか」、
   父「だからちゃんと『忘れ物はありませんか』と言ったよ」、
   母「そんな一般的なことじゃなくて、『帽子は?』とか言ってあげなきゃダメでしょ」、
   父「あっ、わかった。じゃあ、これからは『メガネはかけましたか、入れ歯は入れましたか』と言ってやるよ」。


20 queries. 0.078 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress