ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2015年 4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2015年4月20日(月曜日)

4月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時46分36秒

 C夫が、相続のことで相談に来た。

 C夫の父親が亡くなって、相続人であるC夫は、相続人である母と二人で暮らし、もう一人の相続人であるC夫の兄は東京で妻子と共に住んでいる。

 父親の遺産は、C夫が今母親と住んでいる自宅の土地・建物、自宅近くの貸し駐車場と現金約1千万円。

 C夫は、今住んでいる土地・建物と貸し駐車場を母と自分で相続して、預金は兄に取ってもらいたいと兄に打診したところ、兄から預金と貸し駐車場を自分に取得させろと言われて、困って相談に来たとのことであった。

 ざっと計算すると、兄に1千万円を相続させれば、C夫と母親の相続分は、法定相続分以下になりそうだから、私は、C夫の考えで十分のはずだと回答した。
 しかし、
   C夫「兄と喧嘩したくないんです」、
   私 「それなら兄の言うとおり、駐車場を兄にやるの?」
   C夫「いや、それでは生活が成り立たない」
   私 「では、生活が成り立たない事情を話して、兄に分かってもらうようにしたら」
   C夫「と言われても、自分から兄には、とても言い出せません」
   私 「それなら、私が代理人になって、示談交渉しましょうか」
   C夫「でも、兄からなんで弁護士なんかつけたんだ、と怒られそうだし」
あれもダメ、これもダメ。
 このような人、どうしたら良いのだろう。


2015年4月10日(金曜日)

4月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時42分49秒

 オレオレ詐欺の被害額がどんどん増えて、一日約1億円になっているというニュースを聞き、びっくりだ。そんなにお金を持っているじぃちゃんばぁちゃんが、日本にはたくさんいるということだ。

 先日私の事務所に相談に来た初老の女性A子もそうだ。

 「孫B太郎が、『サラ金から借金してどうにもならなくなったので破産する』と言っているが、自分はかわいい孫に破産させたくない。私が、お金を出してやるので、債務整理をしてほしい」という依頼だ。聞くと、A子は、これまで3回もB太郎の債務返済のために、合計1千万円くらい出してやっている。A子は、今回で最後だと言う。

 直接B太郎の話を聞く必要があるので、私は、事務所にB太郎を呼んで来てもらった。

 B太郎は、23歳、無職なのに大きな外車で乗りつけて、太い金のネックレスやブレスレットをジャラジャラさせ、高級そうな皮革のジャケットを着ている。
 B太郎の現在の債務は、消費者金融5社から合計300万円だという。

 私が、「それだけ?」と聞くと、B太郎は、「他に、友人5〜6人からも、合計100万円くらい借りている」と言う。
 私が、債権者一覧表の用紙を渡して、全部書き出すように言うと、B太郎は、「面倒くせぇな。オレ、破産でもいいんだけど」と言う。私が、「破産するとなると、いま乗っている外車も手放すことになるよ」と言うと、B太郎は、「あれは、じぃちゃん名義で、オレの破産とは関係ないから構わない」と嘯く。

 このような孫B太郎に、祖母A子は、本当にお金を出してやっていいのだろうか、本当にこれで最後になるのだろうか、と心配になった私は、もう一度A子の気持ちを確かめると、「孫は未だ若いんだから、破産なんかしないで、真面目な気持ちになって一から出直してもらいたいと思っています」と、あくまでも任意整理を希望する。

 一から出直すためには、自己破産の方がいいと思うんだけどなぁ。


20 queries. 0.078 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress