ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2016年 2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2016年2月20日(土曜日)

2月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 17時03分15秒

 古川の裁判所に車を運転して出張した帰りの運転中、いつも車のドアポケットに入れてあるはずの運転免許証が見当たらない。
 それまでは、いつものところに免許証があると思って、バンバンとばして来たが、免許証不携帯か?と思ってからは運転がもの凄く慎重になった。スピード違反しないことはもちろん、普段なら行ってしまう黄色信号でも止まり、一時停止も標識前できちんと止まり、まさに模範運転だ。

 結局、途中で免許証は、財布の中に入れていたことに気がつき、安堵した。

 一病息災というが、何か一つ気になることがあると慎重になるものだ。

 似たようなことは、夫婦の間でもある。たとえば、来週大学時代の友人と一泊旅行に出掛けるとなると、急に夫に優しくなってあれこれ気を遣ったりする。

 以前私の事務所に相談に来たA子が、「この頃、夫が、私にいやに優しくなったのです。怪しいと思って気をつけてみたら、車の走行距離数が異常に多くなったり、休日にも出勤したり、どうも浮気しているみたいです。どこか調査会社に依頼してみた方がよいでしょうか」と言う。

 脛に傷持つ身は、やはり普段とは違ってくるのだなぁ。


2016年2月10日(水曜日)

2月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 16時56分34秒

 今年は暖冬かと思っていたら、ドカ雪が降った。重く湿った雪だ。

 我が家は、角地にあり、ガレージと門の間も距離があるので、雪かきが大変だ。早朝から1時間もやったら、腰が痛く、へとへとになった。

 東北の老人世帯は、大変だとつくづく思う。郊外の一軒家を売って、都心のマンションに住みたくなるというのもよくわかる。

 最近は、犬の散歩を飼い主に代わってやってくれる業者が増えたと聞くが、個人の家の雪かきをやってくれる業者というのはいるのかしら。

 私の母が、父に死別して独居していた晩年、自分でドレスの背中のファスナーを上げ下げしたり、ネックレスを首の後ろで止めたり、着飾って外出する時は大変だとこぼしていたことを思い出す。その他、ビンのフタをあけたり、足の爪を切ったり、高いところの電球を取り替えたり、取扱説明書の細かい字を読んだり、年を取ると日常生活に大変なことがたくさん出て来る。施設に入る程ではないが、1人で生活するのは大変だという年寄りはたくさんいるだろう。

 西ドイツで生活していた時、腕を組んで散歩している老人夫婦をよく見かけ、西洋人の夫婦は仲がいいなと思っていたが、仲がいいのではなくて、相手に倒れられたら大変だから、必死でしがみついているのだと夫が言った。

 私も夫にしがみついて歩こうか。


20 queries. 0.081 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress