ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2018年 6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2018年6月20日(水曜日)

6月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 09時24分46秒

 事件を依頼する人は、よく「私は勝てますか?」と聞いてくる。しかし、私は、勝ち負けというのが、ピンと来ない。

 例えば、貸金100万円の返済を請求して提訴したのに、相手が「借りていない」とか「もう返済した」とか反論し、その言い分が認められて、一銭も取れなかったら、これは負けであろう。
 しかし、100万円借りたことは認めるが、1回で支払えないから、毎月5万円ずつ20回払いで和解したという場合は、勝ったことになるのだろうか。しかも、分割金5万円を2回位払ったとことで、相手が行方がわからなくなった等という場合は、勝ったとは言えないだろう。それだったら、50万円におまけして1回で払ってもらった方が良いと考える人もいる。これも、勝ったといえるのだろうか。

 離婚事件でも、離婚と子どもの親権者を請求したのに、離婚が認められなかったという場合は負けであるが、離婚は認められたが、子どもの親権者は認められなかったという場合も、気持ちとしては負けである。

 東日本大震災で児童74人が津波の犠牲になった石巻市立大川小学校の遺族が、石巻市や宮城県に対し損害賠償を求めた事件で、請求額23億円近くについて、控訴審の判決は、14億余円を認めた。これを受けて、県と市では、最高裁判所に上告することを決めたが、遺族側は上告しないという方針だと報道された。遺族としては、学校の事前防災の不備までも認められたのだから、それで十分だ、つまり勝ったという気持ちなのであろう。

 本当に勝ち負けの評価は難しい。


2018年6月10日(日曜日)

6月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 09時23分01秒

 日本尊厳死協会東北支部主催の講演を聴いた。

 講師の一人は、福島県会津の磐梯地域で在宅医療を続ける医師、もう一人は、その医師と一緒に末期患者の話に耳を傾ける臨床仏教師。
 いずれも、「我が家」で十分な医療や介護を受けながら、安らかな最後を迎えるための支援をしている方々だ。
 栄養剤を処方したり、心電図を測定したり、むくみや具合をみて水分補給を指導したり、という医師としての仕事はもちろんのこと、患者や家族の話を聞き、「孫の成人式までは生きていたい」という希望を持つ患者が間に合いそうもない時は、家族と話し合って、孫に成人式の着物を着せて写真を撮って、それを患者に見せて安心させたり、患者が、今後悔し、反省しているという話を枕元で静かに聞いてやったり、託された手紙を知人に渡したり、本当に患者に寄り添って支えている姿に感動した。そして、私自身について、大いに反省した。

 弁護士事務所を訪れる人は、離婚、相続、借金等々悩みを抱えている方々だ。それを私は、時間がないのとせっかちな性格のせいで、十分悩みを聞くことなく、「それであなたはどうしたいの?」とすぐ聞き、関係のない話をし出すと、それを遮り、「大事なのは、これとこれ」と決めてかかる。
 今は、以前ほど事件数も多くなく、時間ができたのであるから、もっと悩める依頼者に寄り添って、話を聞いてあげるべきかなぁと反省した次第である。 


20 queries. 0.084 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress