ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2018年 11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2018年11月20日(火曜日)

11月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 10時41分42秒

 私は、信心深くないし、特定の宗教も持っていないので、自分が死んだ後、遺骨は海にまくでも骨壺に入れて放っておくでもどうでもよい。しかし、私の夫は、広島の人間で浄土真宗、結構信心を持っている。先日の台風で広島の実家の先祖の墓地が浸蝕されそうになったので、自分の墓地に墓を移すことを考えている。そのために、本家と話し合いをつけて、お坊さんにお経をあげてもらって祖父母・親のお骨を分骨してもらうため、何度も広島に行ったり、墓移設のため、業者と話し合ったりしている。私は、その熱意に感心するばかりである。

 夫は、私より長生きするつもりでいるので、私が死んだら自宅の一角を墓地に地目変更して、そこに私の骨を埋めようと考えていたが、宅地を簡単には墓地に変更できないと分かり、広島に墓地を準備した。最近では、遺骨を石に加工する業者を探して来て、「(私の)遺骨は、石のキーホルダーかタイピンにして、肌身離さず持っているからね」と言っている(ノロケてしまってごめんなさい)。

 事件でも、度々お骨の話が出てくる。死亡した人が予め遺言で祭祀の承継者を指定しておけば、指定された人が葬儀を執り行い、先祖の墓に埋骨して、以後の仏事も執り行えばよいのだが、予めの指定がない場合、よく争いになる。

 A子の母は、晩年クリスチャンになって洗礼を受けた。それ故、A子は、母親のお別れ会は教会で執り行い、樹木葬にしたいと考えている。しかし、A子の兄は、父と共に先祖代々の墓に入れたいと言って、未だにもめている。

 B子は、姉が亡くなった後、姉が夫と不仲だったことを考え、姉の遺骨をその夫の先祖の墓に入れるのは本望ではないだろうと思い、姉の骨を自分に引き渡してほしいと姉の夫に頼んだ。しかし、姉の夫からは、「分骨ならしても良い」と言われ、分骨は魂を引き裂くようで嫌だから全部渡してほしいと、B子は頑張っている。

 配偶者も子どももいない人から、自分の死後の墓守の相談を受けることもある。

 やはり、魂とか死後の世界というのを大切に考える人も、まだまだたくさんいるのだなぁと思うのである。


2018年11月10日(土曜日)

11月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 10時40分17秒

 「弁護士を雇う」という言い方をする人がよくいる。

 先日は、家庭裁判所の調停委員までも、相手方本人に「弁護士を雇ったらどうですか」等と言うので、思わず私は、「弁護士は雇用ではなくて、委任です」と言ってしまった。

 雇用と委任は、どこが違うのか。

 雇用も委任も労務の給付を目的とする契約ではあるが、雇用は、労務給付が使用者の指揮命令のもとで行われるのに対し、委任は、労務提供者の一定の裁量のもとで行われるという違いである。

 たとえば、会社の営業マンは雇用、医者や弁護士は委任である。
 とは言っても、区別の曖昧さがある。営業マンに何らの裁量権がない訳ではなく、誰にどのような説明をして、どの商品を勧めるか等裁量の余地があるし、弁護士との委任契約も、誰を相手に、いくらの慰藉料を請求してくれというレベルで捉えると、そのような仕事の完成を目的としている請負契約と似てくる面もある。

 いずれにしても、報酬が発生するので、私は依頼者との間で、きちんと委任契約書を作成し、内容をわかりやすく説明しているつもりである。


20 queries. 0.090 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress