ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2021年 4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2021年4月20日(火曜日)

4月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 11時37分37秒

 A男は今、亡くなった父親の遺産をめぐって妹と争っている。先祖代々に伝わってきた雛人形、茶道具、掛け軸など、A男は当然自分が〇〇家の長男として相続するものと思っていたが、妹が「お父さんは雛人形や茶道具などの動産は私にくれると言った」と主張するのである。「いつそんなことを言ったんだ?」と聞くと「常々言っていた」「俺はそんな話聞いたことはない」と言い争いになる。そんなことを言っていたという証拠があるのかと聞くと、証拠はないが亡くなる一寸前も私が施設に見舞いに行ったときにそう言っていたのは間違いないと頑張る。
 A男は嘘をついてまで兄妹の仲を悪くしてそんなに財産を取りたいものなのでしょうかねと言うので私は「だって政治家だって官僚だって保身のために皆嘘をついているじゃない」と言うと「なるほどね」と納得し「でも最後は嘘でしたと謝罪したでしょ」と言うので「それは音声データが出てきて嘘をつき通せなくなったからじゃないかしら、妹さんの場合も施設の訪問者名簿など見せてもらって本当に妹さんが施設に行っていたかどうか調べて、行っていないとなると妹さんに嘘を認めさせることができるかもしれない」と言うと、A男はそこまでやるか、という顔をしていた。


2021年4月10日(土曜日)

4月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 11時36分31秒

 不貞を働く男は必ずしも妻を嫌って家庭を壊そうと思っているとは限らない。
ちょっとしたアバンチュールを楽しむという気楽な気持ちで他の女性とホテルに行ったりする。しかし、これを知った妻は体重が激減するほど悩んで離婚するか否か迷った挙げ句、法律事務所を訪れるのである。
 A子の依頼を受けた私が、夫に離婚の打診の手紙を出したところ、取るものも取り敢えずといった形で事務所にやってきて「悪かった、妻と離婚なんて考えられない。これからは何でも言うことを聞くから離婚だけは思い止まってくれ」と平謝り。お詫びの気持ちと言って自分名義の定期預金を妻の名義にしたりする。それでA子もしばらくは様子を見ることにした。
 気軽に浮気するのは男ばかりではない。先日B子が友人を連れて事務所にやってきた。「この前私の浮気がバレたときは先生にお世話になって問題解決したけど、今度は友達のC子の浮気がバレて旦那に責め立てられたので何とか助けてやってください」と言うのだ。C子も離婚する気などは毛頭なく、同窓会で昔憧れていた男に会い「今でもなかなかチャーミングだねえ」と褒められてついついその気になって1回だけホテルに行ったところ運悪く夫に見つかってしまったと言うのだ。
 週刊誌でも芸能人の不倫記事で盛り上がったりしているが、そもそも人間は結婚したからといって配偶者以外には目もくれないという訳にはいかず、チャンスがあればいとも簡単に不貞に走るような要素を持っているのかもしれない。
 以前ドイツに住んでいたときに、ドイツ人の女性から聞いた話。夫に浮気されないように、というか夫に気のある女性が近づかないように夫には沢山食べて太らせ、趣味の悪い服を着せているというのだ。そこまでするかと思うのだが。


20 queries. 0.102 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress