ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2009年 9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2009年9月20日(日曜日)

9月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 14時34分46秒

 初めての裁判員制度の下での裁判は、二〇〇九年五月に、六六才の女性をナイフで突き刺して殺した男についての事件であった。

 一日目、六人の裁判員が選任され、三人の職業裁判官と共に近所の住民の証人尋問を行った。二日目、目撃者と被害者の長男の証人尋問を行った。三日目、被告人質問の後、検察側の論告求刑、弁護側の最終弁論があり、四日目には判決言い渡しという短期の進行だった。

 検察官の懲役一六年の求刑に対して、判決は、一五年で被告人は控訴した。

 これまで何となく判決は求刑の八掛けといわれており、それからすると一二・三年の刑の言い渡しを予想していた被告人にすれば、明らかに量刑不当と考えたのであろう。もし、裁判員制度でなければもっと軽かったはずだと不公平に思ったかもしれない。

 控訴審は、裁判員ではなく、三人の職業裁判官が審理する。職業裁判官の目から見て、一五年が、これまでの統計からいって重すぎるということになれば、一審判決は破棄されて、改めて一二年か一三年の刑が言い渡されることになるだろうが、それでは裁判員制度を取り入れた意味がない、と批判されるだろう。

 さぞ、控訴審の裁判官は悩むことだろう。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.073 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress