ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2009年 10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2009年10月20日(火曜日)

10月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 03時10分38秒

 老荘大学、コミュニティセンター、婦人会、いろいろなところで講演する機会がある。人気のあるのは、「遺産と相続について」だ。

 講演の最後に、たいてい「『よく考えないで、ハンコをついてしまった』、『口約束を信じて放棄してしまった』と後悔する前に、弁護士に相談するように」と言う。

 そうすると、「でも弁護士料って高いんでしょう」と質問される。

 「とんでもない。三〇分五〇〇〇円の相談料で、自分の考え違いや不安を解消できたら安いものでしょ」と、私は答える。

 しかし、相談だけでは済まない場合もある。相手から訴訟を起こされて、既に裁判所から呼び出しが来てる、とか、いくら相手と交渉してもらちが明かないので、こちらから裁判を起こさなければならない、とかいう場合である。

 そういう場合は、事件を一件として依頼しなければならず、二〇〜三〇万円位の弁護士費用がかかるかもしれない。
 お金のない人は、弁護士が頼めないか?

 とんでもない。お金のない人こそ、弁護士が必要な場合はいっぱいあるのだ。

 「法テラス」という日本司法支援センターで弁護士費用を立て替えてくれる。もちろん資力基準(たとえば、一人の月収が約一八万円以下、四人家族で約三〇万円以下)があるし、審査会の審査を受け、全く勝訴の見込みも、和解などにより円満に解決できる見込みのない時は援助を受けられない場合もあるが、私が今まで申請して断られた例は一件もないので、かなり広く援助が認められる、と考えて間違いはない。

 返済は、原則一ヶ月一万円ずつである。

 こんな良い制度が、意外と知られていない。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.071 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress