ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2009年 11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2009年11月20日(金曜日)

11月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 03時16分54秒

 今日でやっと調停がまとまるかと思った。

 B男は、妻とはしばらく前から別居していて、その間、親しくなった女性もいたのだが、妻もやっと離婚に同意し、二才の子どもは妻が親権者になって、B男は毎月三万円の養育費を送ることに合意したのだ。

 二人の間には、特に結婚してから貯めた財産もないし、他に問題になることもない、と思ったのだが、今日になって妻の方から毎月の三万円は養育費としてではなく、慰藉料の分割払いという名目にしてほしい、と言い出したのだ。

 B男としては、それは納得できない。かわいい子どものための養育費だと思うからこそ、毎月苦しい中から三万円を払うことにしたのだ、それを慰藉料だなんて。

 妻の言い分は、「B男が家庭を壊したのだ。好きな女性もいて、本来なら一括で慰藉料を請求したいところだが、B男にまとまったお金なんか払えないのがわかっているから分割でもいいと言っているのだ」というものだ。

 そうすると、B男は、慰藉料の他に養育費も支払わなければならないということかと聞くと、妻は、「いえ、毎月三万円以上は、無理だとわかっているから、別に養育費は要りません。」と言う。

 要するに、毎月三万円の支払いに合意はできているが、その名目を「養育費」にするか、「慰藉料」にするか、という争いなのだ。

 双方譲らない。

 裁判官が、「それでは毎月の三万円は、『解決金』という名目でどうですか」と折衷案を出したが、B男は、あくまでも「養育費」でなければダメだという。

 結局、ここまできて調停は、不成立で終了となってしまった。

 やれやれ。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.076 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress