ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2010年 2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2010年2月20日(土曜日)

2月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 13時06分29秒

 弁護士に依頼するタイプに、大きく分けて二通りある。

 一つは、「もうこれで安心」と思って任せっきりで、その後は自分で何もしようとしないタイプ。

 B氏がそうだ。

 土地の所有者で、飲み屋に土地を貸している。飲み屋は、借りた土地の上に、自分で店を建て飲み屋を経営しているのだが、二年前から不況で商売あがったり。毎月五万円の地代が滞りがちになったので、B氏が私に地代の取立を依頼してきたのだ。示談交渉をしているが、B氏は、とても滞納分を払うどころか、この先の支払いもままならぬと言う。では、店を取り壊して更地にして明け渡してくれと交渉しても、取り壊す費用もないと言う。そうなると、B氏としては、裁判を起こして土地明渡と滞納賃料を払えと請求するか、飲み屋の言いなりに、過去の賃料を放棄し、さらに、地代を下げて、今後とも貸し続けるか、方法を考えなければならないのだが、私からB氏に今後の方針について相談しましょうと連絡しても、B氏は、「いいようにして下さい。とにかく相手からお金さえ取ってくれればいいのだから」と言うばかり。「どうも飲み屋は本当にお金に困って払えないようですよ」と言っても、「そんなはずはない。飲み屋をやっているからには、収入はあるでしょ。何とか調べ出して下さいよ」と頼み込まれる。しかも、本裁判は、お金がかかるからやりたくないと言う。
 弁護士だって、何でもできる訳ではない。資産調査ができる訳でもないし、相手と交渉するのだって、こちらに切り札がない限りうまくいかない。それがわかってもらえず、ただただ「お任せします」と言われても困るのだ。

 もう一つは受任した後、頻繁に「どうなっている」と問い合わせの電話をよこすタイプ。

 C氏から、妻の不貞が発覚し、愛人である男性に慰藉料請求の示談交渉の委任を受けた。私は、仕事が速い方で、受任したその日に相手方に手紙を出したのに、翌日には、もうC氏から「相手から返事が来ましたか」と問い合わせの電話。「いえいえ、月末までに返事をくれと書いたから、もう少し待ちましょう」と説明しても、毎日電話をよこす。「相手から返事があったら、こちらから電話しますよ」と言っても、いてもたってもいられないのだろう。本人からのみならず、その姉という女性からも、「どうなってる」と電話が入る。男性の自宅のみならず、勤め先もわかったから会社にも手紙を出してくれと言う。

 B氏とC氏の中間のような依頼者が、一番好ましいのだが。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.075 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress