ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2011年 8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2011年8月20日(土曜日)

8月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 18時01分36秒

 放射性セシウムに汚染された稲わらを食べた肉牛の出荷停止や焼却処分の問題で連日新聞を賑わしている。

 どれだけの量を、どれだけの期間に食べたら、どれだけの健康被害が生じるのかわからないで、危機感が先走りしている感がする。

 私の夫は、5才の時に広島から20キロの宮島口というところで、原爆のきのこ雲を見ている。
 身体中ガラスの破片だらけの伯母が運び込まれたり、瀬戸内海をいくつもの死体が流されてきていたのを覚えているという。
 今のように、放射能の怖ろしさが知られていなかったから、皆、近海の魚を食べ、畑の野菜を毎日のように食べていたという。

 それから65年経った今、夫もその頃広島に住んでいた親戚や知人も、放射能による健康被害が出ているという話は聞いていないという。

 65年前と比べて放射能の威力が強くなっているのだろうか。チェルノブイリの事故と比べてどうなのか。新聞やテレビのニュース解説を聞いても、ちっともわからない。

 誰かスパッと明快に説明してくれないものか。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.070 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress