ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2013年 9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2013年9月20日(金曜日)

9月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 11時25分09秒

 E子の離婚事件は、1年も前に、ある程度こちらの希望にそった条件で和解して終わっているのに、E子は、その後も何のかんのと相談に来る。

 それも、法律的な相談ではなく、「『出戻り』と言って、母親が馬鹿にする」とか、「子どもが学校に行きたがらない」とかいった、いわば愚痴の類いだ。

 今度は、「弟の住んでいる家のシックハウスの問題で、相談に来たい」とE子が事前に電話を寄越したので、私が、「それなら直接弟さんが相談にいらしたら」と言っても、「いえ、まず私が相談したいのです」と言う。

 別な相談者F夫は、80代の男性で、数年前、妻に死なれてから長男夫婦と同居しているが、これがまた度々長男夫婦の悪口を言いに私の事務所に来る。

 具体的に、遺言とか扶養とかいう法律問題なら、いろいろとアドヴァイスの仕様もあるのだが、そうではない。これも単なる愚痴の類いだ。

 E子やF夫のような人たちを見ていると、自分は弁護士とつながっていると思うことで、何か安心していられるのかと思ってしまう。

弁護士が精神安定剤の役割を果たせるなら、多少の時間を割いてあげてもいいかとも思うのである。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.076 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress