ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2014年 3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2014年3月10日(月曜日)

3月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 17時11分22秒

 A男は貸家を持っているが、借家人が2年ほど前から家賃の支払を滞りがちになり、度々催促してきた。

 しかし、1ヶ月ほど前から借家人が電話にも出なくなったので、A男が貸家に行ってみると、郵便受にいっぱい郵便物がたまっている。合い鍵で開けて入ってみると、部屋の中は散らかし放題。

 A男は、借家人に対し、滞った家賃と貸家の明渡しを請求して訴を起こしたが、訴状が被告(借家人)に送達されない。そこで、公示送達という方法を取って、やっと裁判が始まったが、当然被告は欠席。

 勝訴判決を取っても、被告がいないのだから、執行官を頼んで強制的に明渡しをしなければならない。

 強制的に明渡しというのはどうするのかというと、A男が荷物の保管場所を確保して、執行官が運送業者を頼んで、そこへ賃借人の荷物を全部収納する。その費用は、すべてA男負担。お金の問題だけではなく、荷物の中には、位牌や遺影まであって、その処分にも頭が痛い。

 滞った家賃も取れないばかりか、余計な出費まで余儀なくされ、A男は怒りまくっている。

 貸すときに、よくよく人を見なければ、とんでもないことになるのだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.072 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress