ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2019年 3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2019年3月10日(日曜日)

3月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 12時52分41秒

 A子は、夫から離婚したいと言われている。
 夫は、一括で300万円渡すし、今住んでいる家もA子の名義にしてそのまま住み続けてよいという。
 A子は、今の生活に安住したい。夫は数年前から家を出ているので、今更離婚しなくてもと思っている。

 夫から離婚調停が出された。

 A子は、どうせ夫は出せないだろうと思って、1000万円払ってくれるなら離婚してもいいと言ったところ、夫は何とか1000万円を払うと返答してきた。A子は1000万円と家をもらって泣く泣く離婚することにしたが、それ程夫は離婚したかったということなのだ。

 B子は、離婚したいが夫が応じないので調停申立をした。
 夫名義の財産は2000万円になるので、財産分与の請求権としては半分の1000万円である。しかし、B子は、一切何もいらないから離婚してほしいといったところ、夫は、しばらく考慮した末、離婚に応じることになり調停離婚が成立した。

 1000万円には替えられない離婚したいという事情というのがあるものなのだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.085 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress