ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2007年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿

 rss
 atom
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2007年4月10日(火曜日)

4月10日

カテゴリー: - fujitasougou @ 05時25分16秒

 事務所旅行で台湾に行って来た。

 七泊八日の長旅で、台湾の新幹線に乗って、台中・高雄まで行ったし、烏來、新北投という温泉地でのんびりもした。

 台北に知人がいて、台湾に行くという連絡をしたので、彼女は、私たちが台北に到着した日、ホテルに山のようにお菓子や果物を持って来てくれて、これからの旅の間食べて下さいと言う。また、一晩、我々十人の多勢をレストランに招待してご馳走して下さった。台湾の人のもてなしぶりには、ただただ頭の下がる思いだが、かつて、ドイツ人の知人が日本にやって来た時、日本人のもてなしぶりに感謝していたことがある。

 以前私が家族でドイツで生活していた頃、あっけない位に放っておかれた。プライバシーを大事にするからなのか、時には面倒見の悪さに腹立たしい思いをしたこともあったが、あるドイツ人学者が、「日本人のホスピタリティ」というタイトルで、新聞に随筆を載せたところ、大きな反響を呼んで、ドイツ人も日本人のホスピタリティを見習おうという意見が多くあった、と聞いたことがある。

 旅先で疲れた知人をそっとしておいた方がよいのか、あちらこちら案内したり、面倒をみた方がいいのか一概にはいえないことだが、心のこもったもてなしはやはり嬉しいものだ。

 旅行の始めは、その土地の料理を楽しんだり、あちらこちら歩きまわっては写真を撮ったり、バカンス気分を満喫するのだが、旅の終わりになると、やたらに仕事の夢をみる。依頼者が事務所に、「なんでこんなに長い間休みを取って遊んでいるのだ」と怒鳴り込んで来たり、裁判所から書面の催促の電話が来たり、法廷に遅れるは、記録を忘れるは、待ち合わせをした依頼者の携帯電話がつながらないは、あっもうダメだ、と思って目が覚める。

 夢とも思えない絶望感で、やはり私は仕事人間だと改めて思い知らされるのである。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.080 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress