ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2009年 3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2009年3月20日(金曜日)

3月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 00時15分55秒

 プチ整形の失敗の相談が多い。

 もっとホッペタをふっくらさせたくて、シリコンを入れてもらったのが垂れ下がって、コブのようになってしまった、二重瞼にしてもらったが、引きつれてまばたきの度に痛みが走る、お腹の脂肪を吸引してもらったが、デコボコになった、などなど。

 たいていは、すぐ訴を起こさず、調停とかADR(弁護士が仲介して和解を勧める制度)に申立をして、解決を図ろうと試みる。

 しかし、こんなに我も我もと整形をするようになったのはいつからだろう。

 小顔がいい、二重のパッチリした目がいい、くびれたウエストがいい、と評価が一様になり、多様な価値観を失っているからではなかろうか。

 平安期の頃は、引き目カギ鼻が美人といわれた。ルノワールの裸婦像なんか お腹がボッテリしているではないか。西洋人は日本人の黒髪に憧れているというし、私が昔ドイツに住んでいた時なんか、私の子どものことを「扁平な顔だ」と褒められたものだ。

 私は「これがいい」と一様に考えることに抵抗を感じる。

 私が中学生の頃、私の前歯が一本出ているのを気にした母が、私に歯列矯正を勧めたが、私は「自分でこれをチャームポイントだと思っているの」と言って、母に「まぁなんて自信家なんだろう」とあきれられた。

 私の娘も、「何でネアカが良くて、ネクラがいけない、と皆が言うの?」と疑問に思っていた。私の目から見ても、ネクラの娘は一人でせっせと編み物をし、お菓子作りをし、本を読み、思慮深く、とても良い性格だと思うのだが。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress