ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2009年 4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2009年4月20日(月曜日)

4月20日

カテゴリー: - fujitasougou @ 04時38分53秒

 遺産分割というのは、当然親子・兄弟の間で協議する。そして、協議がまとまらないと、誰かが調停を申立て、調停の場で主張し合うことになる。

 これがなかなか熾烈なのだ。

 今、私が委任を受けているのは、夫に死なれた妻とその長女。相手方は、長男と二男。母親と同居している長女は、今後も母親の面倒をみていくので、今住んでいる土地・建物と預貯金の一部を欲しいと言っているのに対し、長男と二男は、何をどう分けるのか以前に、母と長女に対して、父親の隠し財産があるだろうと責め立てる。調停の場では、調停委員が静止しても聞かずに、相手を激しく罵り合い、敵対心むき出しだ。私からみると、遺伝は争えないのものだと思えてならない。顔や表情も、親子四人そっくりだし、声も話し方も似ている。

 見た目は、こんなに似ている者同士が、考え方だけ違っていて、なぜこんなにも争わなければならないのだろうかと物悲しい。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.073 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress