ログイン  |  新規登録
メインメニュー
カレンダー
2006年 1月
    2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の投稿
月別過去ログ
カテゴリ一覧
検索

2006年1月30日(月曜日)

ぬれ落葉予備軍

カテゴリー: - fujitasougou @ 05時25分10秒

 日本人はよく働く。特に日本人男性は実によく会社のために働く。勤めている男性が「ウチでは」という場合は、自分の家庭ではなく、自分の会社や役所のことである。残業に精を出し、土曜・日曜も接待ゴルフや飲み会で、ほとんど家に居ない。

 そんな夫に妻は当然不満を持って、いろいろとぶつけるが、夫は、「僕は今会社で非常に重要な責任を負わされているんだ、わかってくれ、僕が一生懸命働くことはキミや子供達の幸せにもつながることなんだからね」と説得して、相変らずの会社人間ぶりである。

 しかし、日本の妻達は強い。当初は、何とか夫と共通の話題や楽しみを持とうと努力した妻達も、ある段階でさっさと夫に見切りをつけ、自分自身で楽しむことを見つける。スポーツのサークルに入ったり、カルチャーセンターに通ったり、パートに出たり、そして、そこで気の合った仲間を見つけて、一緒に食事したり、旅行に行く計画をたてたりする。また、同じ趣味の仲間と音楽会や観劇にに行く。

 夫達がひたすら会社で働いている間に、妻達の文化程度や知識は高まっていく。

 さて、夫が定年退職してもはや会社に行く必要がなくなると、とたんに何もすることがなくなり、所在なく妻にくっついて歩く。しかし、一緒に音楽を聴いても絵を見ても、夫は到底妻の知識にかなわない。

 妻の方も、夫と一緒に夫の世話をしながら旅行するよりは、気の合った女友達同志で旅行する方がずっと楽しい。

 こうして、ぬれ落葉となった夫と、すっかり夫ぬきで楽しむことを覚えた妻との不協和音が始まるのであるが、利口な妻は、夫が退職する前に、夫の退職金を仮差押して離婚の調停の申立をする。拾いあげれば小さなことでも、離婚の材料はたくさんある。今まで大目に見て来た夫の浮気の1つや2つ、酔って妻を殴った、疲れているといって性交拒否、等々。

 夫の方も、今までは多少良心の呵責を感じていたが、退職したら退職金で女房を世界旅行に連れて行ってやろうと思っている。しかし遅いのだ。そして、女房はわかっていて許してくれているのだと思い続けている夫の考えが甘いのだ。退職金を目前に、妻は敢然と今までの労苦の数々をあげて自分の取り分を主張し、離婚の考えをくずさない。

 私は、これをぬれ落葉予備軍離婚と名付けているが、この夫婦はどの段階で修復不可能になってしまったのだろうと考えさせられる。子ども達が独立した頃かもっと前か、夫が課長になった頃か、いやそもそも結婚当初からか……。


2006年1月15日(日曜日)

マザコンの夫

カテゴリー: - fujitasougou @ 05時20分13秒

 昔は娘を嫁に出す時、親は言ったものだ。

 「お前は○○家の嫁になったのだから、○○家の家風になじむように努めるんだよ。つらいことがあっても、じっと辛抱すれば、だんだんお前も○○家の嫁として認められていくからね。決して、実家に戻りたいなどと思うんじゃないよ」。

 今は娘を嫁に出す時、親は言う。「お前の部屋はそのまま残しておくからね。いやなことがあったらいつでも帰っておいで。お父さんもお母さんも暖かく迎えてあげるからね」。

 ひところ前のように出戻りに対する偏見がなくなった。「出戻り」という言葉も死語に等しくなった。だんだん子どもの数が減少して、親子の関係が密になり、特に結婚してからもマザコンから脱し切れない男が多くなった。

 夫は朝出がけに実家の母親に電話する。

「お母さん、ボクこれから会社に行くところ。昨晩お母さん風邪気味だって言ってたけど、今朝はどう?大丈夫?ボク電話でお母さんの風邪うつったのかな。頭が痛くて、熱っぽくて、何だか会社に行きたくないな」、

「△△ちゃん、そんなこと言わないでちゃんと会社に行きなさい」

「はーい、お母さん、わかりました。じゃあ行って来ます」。

 帰宅すると、また実家の母親に電話する。

「お母さん、ボク今帰ったところ。会社で頭痛くて早退したいなと思ったけど、とうとう5時までがんばったよ、ボク。えらかったでしょ」。

 そんな男は妻にも要求する。

「ボクのお母さんは、ボクをキミにとられたと思ってとても寂しい思いをしてかわいそうなんだよ。だからキミもボクの実家にはうんと尽くしてもらわないと困るよ」。

 だんだん離婚事件が増えて来た。特に妻からの離婚請求が多い。その原因の一つに、夫のマザコンがある。法律で定められている離婚原因は、不貞、悪意の遺棄など5項目でその内の1つは「婚姻を継続し難い重大な事由」であるが、これに夫のマザコンが該当するか否かは一概に言えない。それ以外は何も文句の言いようがないのに……というケースが多いからだ。そして、これは、夫が飲んだくれるとか、競輪競馬に凝って生活費を妻に渡さないとかいうケースと違って夫に罪の意識がないので、夫に反省を求めて改善させるということもむづかしい。結婚前に冬彦さんをつかまないように男性を見る目を養うことが大切であろう。


2006年1月5日(木曜日)

妻の不倫

カテゴリー: - fujitasougou @ 05時16分39秒

 男の嫉妬は恐ろしい。

 「交際していた女性の心変わりを恨んで刺殺!」とか、「三角関係を解消しようとして、話し合いの途中逆上して刃物をふるう!」等という見出しが新聞を賑わしているのは、今に始まったことではないが、私の事務所に持ち込まれるのは、殺傷沙汰の刑事事件ではなくて、慰藉料請求や離婚の民事事件が多い。

 弁護士の仕事をして20数年、妻の不倫(法律用語では「不貞」という)が、年々多くなっていること、しかも、不貞を働いた妻からの離婚申立が多いこと。それにもかかわらず、協議離婚に応じない夫の多いこと、が私の実感である。

 あるケース。長距離トラックの運転手である夫が、早朝家を出たが、「もしや、オレのいない間に……」と妻を疑い出したら、いてもたっても居られず、高速道路を引き返して猛スピードで家に戻ってみると、案の定、妻が愛人を家に呼び入れていた。

 夫は、妻の相手の男をつかまえて、住所・氏名を聞き出し、500万円の慰藉料の請求書をつきつけた。妻は、そんな夫に嫌気がさし、離婚を決意するが、夫は意地でも別れない。

 「毎日夫にいじめられてつらい。何とか夫と別れたい」と妻が相談に来たが、不貞を働いた妻からの離婚の申立が裁判で認められることは難しいだけに、にわかに良い解決方法はない。

 別のケース。妻が、勤務先の若い販売員と深い関係になったことを、夫が妻の書いたラブレターの下書きから知り、これを高校1年と3年の2人の息子にも教えて、3人で不貞の妻を責める。それだけでなく、妻の両親から慰藉料と称して200万円を取り立てた。妻は、反省しているが、許してもらえないので、いっそのこと離婚したいという相談である。

 これも、前のケースと同様、夫が協議離婚に応ぜず、示談が難航している。

 こんな家庭は冷え切っていて、いわば、家庭内別居の状態にあり、夫にとっても良いはずはないのだが、夫が離婚に応じないのは、意地かメンツか、それとも深い深い愛情なのだろうか……。

 私にはわからない。


22 queries. 0.229 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress